スポンサードリンク
スポンサードリンク

生徒一人ひとりに個別指導

蛍雪ゼミナールというところを知っていますか?すべての生徒一人ひとりに担任を、という方針のゼミです。この蛍雪ゼミナールの指導がどのようなものなのか、ということをちょっとのぞいてみましょう。
蛍雪ゼミナールの特徴は生徒一人ひとりに担任が付く、というコースがあります。塾やこういったゼミの先生が、自分ひとりのことをよく分かってくれている、ということはとても素晴らしいことだと思います。
志望校や目指すものが各々違うはず、という観点からその生徒に合わせたカリキュラムが必要という考え方なのですね。先生のほうにとって見れば、ひどく面倒なことですが、蛍雪ゼミナールでは、こういったシステムをとっているのです。その生徒に合わせた個別指導を、生徒の担任が考える、これが、素晴らしい所ですね。

 個性派予備校ガイド(2005年版 総合予備校編)

蛍雪ゼミナールの担任

生徒の質問や相談など、すべて担任に注がれます。どのような質問でもしっかり受けてくれますよ。学校の事、学習の事、将来の事、そして志望校の事、勉強のことだけでなく、今もっている相談すべてにおいて、担任に話してもいいのです。友人関係や恋愛のことでもかまいません。沢山の悩みを、担任がしっかり受け止めてくれるのです。頼もしいですよね。
これも、蛍雪ゼミナールの担任一人ひとりが、生徒一人ひとりに責任を持って、相手を知る、ということから行っていることです。先ずは、信頼関係を築き、お互いをよく知っていく、これが、蛍雪ゼミナールの担任なのですね。今の学校を考えると、こちらの先生のほうが、よほど、先生らしいな、と思います。

蛍雪ゼミナールと他のゼミとの大きな違い

そして、蛍雪ゼミナールの担任が、もう一つ、力を入れていること。それが、保護者との関係です。この蛍雪ゼミナールでは、定期的に、保護者を合わせた三社面談が行われます。生徒が蛍雪ゼミナールにおいてどのように学習し、どのような進路を考えているのか、しっかり報告し保護者を含めて、子供をサポートする、ということを行っているのです。
このほかにも、蛍雪ゼミナールでは個別指導、受験ゼミ、定期テスト、定期面接1だ、というものを行っています。
個別指導では、生徒が個別指導の講師を予約の際に選択できる、というシステムをとっています。個別指導の講師には、マニュアル、というものがありません。どのように子供を伸ばし、成績を上げ、志望校への合格へ導くか、講師の工夫次第、ということです。
つまり、生徒も真剣、講師も真剣、ということです。お互いに切磋琢磨しながら学習を進めていくのが、蛍雪ゼミナール。ここが、この蛍雪ゼミナールと他のゼミとの大きな違いとなっているのです。

蛍雪ゼミナール